アラフォースポーツライターの日米プロ野球コラム

国内のプロ野球からメジャーリーグについてまで盛り沢山!

常にプレッシャーと戦ってきた岩瀬の偉業

 球界最年長42歳の左腕、中日の岩瀬仁紀が昨日東京ドームでの巨人戦で偉業を成し遂げた。通算登板試合を950とし、阪急などでプレーした米田哲也氏の949を上回って歴代単独最多記録となった。

 1999年にプロ入り後当初は左の中継ぎを任され、2004年に落合博満氏が監督に就任すると、クローザーに転じるようになった。

 タイトルも、最優秀中継ぎ投手を1999年、2000年、2003年と3回、最多セーブ投手を2005年、2006年、2009年、2010年、2012年と5回獲得している。今シーズンは昨日で2セーブ目で通算セーブ数も404だ。現在は登板数は減ったが、今から10年ぐらい前は絶対的守護神として1点でもリードしている場面では最終回のマウンドに上がっていた。最終回の中日の守りで岩瀬がコールされれば、勝ったも同然だったわけである。

 現に2007年の日本シリーズ第5戦では、1点リードの状態で、8回までパーフェクトピッチングだった山井に代わって9回に登板し、見事3人で抑えて山井との継投による完全試合を達成し、チーム53年ぶりの日本一に輝いたのは記憶に新しいだろう。

 岩瀬自身もあの場面での登板が最もプレッシャーを感じたと言っているが、クローザーという立場上、数々のプレッシャーと戦ってきたわけである。その甲斐もあり、2008年当時の推定年俸は4億3000万であった。

 主にスライダーを武器にしていたが、現在は多彩な変化球を操るようになった。ただストレートに関しては年齢的な衰えから球速が落ちてきているようだ。

 岩瀬自身は昨年オフに引退を申し出ているが、周囲の説得もあって現役を続行したようだ。入団当初からチームメイトだった、同じ左腕の山本昌は一昨年2015年に50歳で現役を引退しているが、岩瀬は今季限りで引退してしまうのか、今後の去就も注目されるだろう。

 中日入団当時の監督だった星野仙一氏も岩瀬を祝福したそうだが、星野氏曰く岩瀬は初めから先発ではなく、セットアッパー、クローザーとして育てるつもりだったという。救援投手としての資質を早くから見抜いていたわけであった。2002年から2年間監督を務めた後任の山田久志氏の下でも、防御率1点台でシーズンを終えたことによりそれなりに信頼されていたようである。最終的にクローザーに転じるのは2004年に落合氏が就任してからだが、やはりクローザーを任せられるようになったのは、同じピッチャー出身の星野氏や山田氏ら前任監督の指導のおかげだろう。 

西武の猛追によって分からなくなってきたパリーグ

 パリーグ西武の勢いが止まらない。昨日3日に12連勝を飾り、2位楽天に4ゲーム差、首位ソフトバンクにも6.5ゲーム差で猛追している。まさに特急レッドアロー(西武鉄道の特急列車の愛称)の快走だ。

 何でも26年ぶりの12連勝だそうだ。26年前の1991年といえば、ちょうど森祇晶監督時代の黄金時代の真っ只中だ。森祇晶氏といえば、1986年から1994年まで9年間西武の監督を務め、8度のリーグ優勝、6度の日本一に輝いた名将だ。

 筆者は当時中学生だったが、埼玉県に住んでいたため、所沢の西武ライオンズ球場(現メットライフドーム)によく観戦しに行ったものだ。当時のパリーグといえば西武しか思いつくチームがないぐらい、毎年リーグ優勝していた記憶がある。実際には1989年だけ近鉄オリックスとの優勝争いに敗れたものの、この年優勝した近鉄とのゲーム差は0.5で、勝率もわずか2厘差だった。また、当時の日本シリーズは平日もデーゲームで行われていたため、昼休みや授業の合間に学校のテレビで観たものである。

 1991年は、投手は渡辺智男最優秀防御率、サウスポーの工藤公康(現ソフトバンク監督)が最高勝率のタイトルを獲得している。また打線はデストラーデが39本塁打、92打点で2冠王を獲得しており、この年もリーグ優勝を果たし、日本シリーズでは4勝3敗で広島を破っている。

 この頃の西武の打線は、1番辻(現西武監督)が出塁すると、2番平野が犠打で送って、3番秋山(前ソフトバンク監督)4番清原、5番デストラーデというクリーンナップにつないで得点していたものだった。

 1994年頃になると、渡辺、秋山、工藤、石毛といった、黄金期を支えてきた主力選手がこぞってダイエー(現ソフトバンク)に移籍するようになり、チームの弱体化がはじまった。森祇晶氏自身は1994年にリーグ優勝を決めた日に辞意を固めたようであった。

 話は現在に戻るが、セリーグは広島が2位阪神に10ゲーム差をつけて相変わらず独走しており、今日4日の試合に勝てばマジックが点灯するようだ。広島の優勝はほぼ決まりだろう。そしてパリーグだが、少し前まで楽天ソフトバンクの一騎打ちかと思われたが、西武の猛追によって上位3チームによる混線模様になりそうな気配だ。今日から西武は本拠地メットライフドームに首位ソフトバンクを迎えての3連戦だが、昨日までの勢いそのままに3連勝するようなことがあるとますます分からなくなる。シーズン終盤まで目が離せそうにない。

ダルビッシュが打席に立つ!

 ドジャースに電撃トレードとなったダルビッシュだが、同じ日本人メジャーリーガーの前田健太投手とともに、ワールドシリーズ制覇に向けて頑張ってほしいところである。

 ドジャースの本拠地であるロサンゼルスのドジャースタジアムとは、奇しくも今年の3月に行われたWBCの準決勝で侍ジャパンが涙をのんだ地である。

 夜になると湿気が多くなり、その湿気を吸ってボールが重くなり球速が遅くなることで有名だが、ダルビッシュはそういった環境の変化にすぐ気付くだろうか。WBCの準決勝の時に先発した菅野や7回から登板した千賀らが難なく好投していたところを見ると、大した問題ではないと見られる。

 ロサンゼルスといえばカリフォルニア州の最大都市であり、全米でもニューヨークに次いで2番目に人口が多く、日系人や日本人駐在員の数も多い。かつてドジャースに在籍していた野茂英雄が多くの日本人のファンを沸かせたように、前田とダルビッシュの2人が在籍したことによって、日本人にとってますます人気球団となること間違いないだろう。

 さてドジャースはDH制のないナショナルリーグの球団であり、日本のセリーグと同じように投手も打席に立たなければいけないわけである。前田がドジャースに移籍する前は広島カープにいたので問題なかったが、ダルビッシュ日本ハム時代からレンジャースまでDH制が採用されている球団でプレーしてきたわけである。日米通じて交流戦などで52打席しか打席に立ったことがないが、昨年レッズ戦ではその52打席目でホームランを放っている。

 ダルビッシュはどう考えているのか知らないが、日本のプロ野球では最近、同じようにDH制のないセリーグのチームの投手は打順が回ってきても、よほどのチャンスでない限り次の回の投球に備えて早々凡退する傾向が見られる。週刊ベースボール今週号でコラムを連載しているプロ野球アナリストの千葉功氏も言うように、打撃に全く意欲を見せない投手が大多数のようである。ちなみに400勝投手の金田正一氏は20年近い現役生活の中で、ホームランを38本打っており、投手の本塁打王でもある。

 また投手が打席に立つということは、バッター目線で投球を目の当たりにすることができるという点で、自身を成長させるためにもいい勉強になるはずである。これはオリックスの金子千尋交流戦を経験して言っていることだ。

 さてダルビッシュが打席に立つことによって、二刀流大谷翔平のようにとまではいかなくても、かつての金田正一氏のようになれるか。あるいは逆にDH制がなくなったことによって、現在防御率4点台とやや不調だが、また立ち直れるだろうか。注目したい。

高校球児達よ、今すぐ ”怪物” になる必要はない

 日本時間で昨日27日、レンジャーズ対マーリンズ戦があり、レンジャーズはダルビッシュが先発。マーリンズイチローは6番右翼で出場し、3年ぶりの直接対決となった。イチローが適時二塁打を放つなど3打数2安打1打点という結果で、試合もマーリンズが22-10と大勝した。

 日米を通じて自己ワーストの10失点で9敗目を喫したダルビッシュは、「トレードの話があったから」とジョーク交じりに語ったが、もしレンジャーズがダルビッシュをトレードに出した場合、ドジャースが獲得の意向を示しているようだ。

 もうすぐ高校野球夏の全国大会が始まるが、ダルビッシュの母校東北高校宮城県大会で準々決勝まで進んでいる。宮城県勢の2強は東北と仙台育英と言われているが、今年もこの2校のどちらかが甲子園に出場するのではないだろうか。

 東北高校のエースだったダルビッシュは、高校時代からやはり怪物と呼ばれていたようで、エースとして2年生春から4季連続で甲子園に出場している。3年生の春の選抜大会では、1回戦で選抜大会史上12度目となるノーヒットノーランを達成している。

 2年生の時の2003年には、夏の全国大会決勝戦で茨城の常総学院に4-2で敗れているが、3年生の時、最後となる2004年夏の全国大会では3回戦で敗退している。

 その後のドラフトでは日本ハムに単独1位で指名され入団し、最優秀防御率2回、最多奪三振4回(うち1回はメジャー)、最高勝率1回と、数多くのタイトルを獲得し、球界のエースと称されるようになったわけである。

 今年のドラフトの注目は何といっても早稲田実業の清宮幸太郎であるが、やはり怪物と呼ばれて世間を賑わせているようだ。その早稲田実業も今日、西東京大会準決勝で4-1で勝利し、清宮は今日もホームランを放っている。

 投手も野手もプロで活躍している選手は高校生の頃から怪物と言われていることが多いが、対照的に落合博満元中日監督は、東洋大学の野球部を退部し、大学も中退した後、社会人野球チームの東芝府中で在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放って頭角を現わした。その後1978年のドラフトでロッテに3位指名され、25歳でプロ入りすると、1982年には28歳という史上最年少の若さで三冠王に輝き、1985、1986年と再び2年連続で三冠王を獲得している。翌1987年には中日にトレードとなったが、ロッテ時代に三冠王を3度獲得したことによって ”怪物” となったわけである。(実際に中日にトレードが決まった時、世間は落合を怪物と言っていたのか、筆者はまだ幼かったので記憶にないが)

 落合についての詳細は落合の著書を読んで頂ければよく分かるが、今の高校球児達に言いたいのは、例え甲子園に出られなくても、高校生の時に成果を出せずにプロ入りできなくても決して焦らず、大学や社会人野球で結果を出し、ぜひ ”怪物” となってドラフトに挑んでほしいということだ。

ヤクルト版メークドラマはあるのか?

 ヤクルトの昨日の7回からの10点差逆転劇は、プロ野球史上では20年ぶり4度目とのことらしいが、仮に昨日の試合が社会人の都市対抗野球だったとしたら、あわやコールド寸前だっただろう。何が起きるか分からないのが野球というのがまさに昨日の試合だ。

 さらに驚いたことに、ヤクルトは昨日26日の試合開始前の時点で首位広島に26.5ゲーム差、5位の中日にも8.5ゲーム差で最下位であり、今シーズンは優勝はおろかCSもほぼ可能性がないというにもかかわらず、昨日の神宮での観客動員数は28654人とほぼ満員状態である。テレビで見ても、現にレフトスタンドまでヤクルトファンが陣取っていた。対照的に5位の中日はファン離れが加速していて、地元ナゴヤドームも平日は閑古鳥が鳴いているような状態にもかかわらずだ。ヤクルトファンがこれほど熱狂的だとは思わなかった。

 巨人とともに東京都をフランチャイズとする球団で、唯一複数の球団が同一の都道府県を保護地域としているのも巨人とヤクルトだ。ファンの数では到底巨人に及ばないと思うが、人気球団の一つのようである。

 1990年から9年間監督を務めた野村克也氏の下では4度のリーグ優勝、3度の日本一に輝いている。また後任の若松勉監督の下でも、2001年にリーグ優勝、日本一に輝いている。最近では一昨年2015年、真中満監督就任一年目で、シーズン後半に巨人、阪神との優勝争いに競り勝ち、14年ぶりのリーグ優勝を決めている。

 先週まで47年ぶりとなる14連敗を喫したヤクルトだが、就任3年目となる真中監督もファンからかなり野次られたようである。昨日の大逆転劇は、そういったファンのうっぷんを晴らすかのような試合だっただろう。

 現在3位の阪神とは15.5ゲーム差だ。まだ2か月以上ある残りのシーズンで、CS争いに加われる可能性は前述したように極めて低いがゼロではない。だが、山口俊の問題で下降気味にある4位の巨人と、勢いを失いつつある5位の中日の対戦成績次第では、気がつけば両チームを抜いて3位に浮上していたということもあるかもしれない。シーズンを3位で終わればCSに進出となり、2010年にシーズン3位からCSを勝ち上がって日本一にも輝いたロッテの時のような下剋上が期待されるかもしれない。現在最下位だからといって諦めることなく、昨日の勢いそのままに残り試合を勝ち抜いていけば、ヤクルト版メークドラマも夢じゃない。残りシーズンにぜひ期待したいところだ。

張本さん、山口俊に「喝」あげて下さい!

 先月14日の東京ドームでのソフトバンク戦で、6回まで無安打に抑え、継投によるノーヒットノーランを達成させた山口俊の病院での暴行事件が18日に発覚し、昨日19日、出場選手登録を抹消されたようである。球団の指示により練習参加も自粛しているようだ。

 病院側と暴行を受けた警備員からは器物損壊と傷害の疑いで被害届が出され、警察も受理している。今後どうなるかは現時点ではまだ分からないが、少なくとも山口の今季登板はもうないことだけは明らかだろう。

 昨年オフにDeNAからFA移籍したものの、右肩違和感の影響で調整が続いていたため出遅れ、先月14日のソフトバンク戦に初登板すると、見事6回まで無安打に抑えて初勝利し、試合後のヒーローインタビューで涙ながらに答えていた時は感動し、このブログでも書いたが、残念ながら今回の一件で見損なってしまった。

 昨日19日のセリーグ全試合終了時点で首位広島に14.5ゲーム差と、優勝は難しいかもしれないが、現在4位で3位のDeNAには5ゲーム差で、CS争いには十分加われるかもしれないという時に起きた出来事だけに、巨人球団としてもショックは大きいだろう。

 巨人は2015年にも、野球賭博事件で次々と選手の関与が発覚し、球団もNPBから制裁金計1500万円の処分を受けた。これと関係あるのかは分からないが、この年のシーズン終盤で、巨人はヤクルトとの優勝争いに敗れて4連覇を逃している。

 しかし今回の山口の暴行事件は野球賭博より深刻である上、出場登録を抹消されたことにより、せっかくFAで獲得した新戦力を失うというのも大きな痛手となるだろう。昨日の試合(中日戦)には勝ったが、先月球団ワーストの13連敗を喫したように、せっかく取り戻した勢いを失い、また失速しかねないとも言えないのである。何か球団に暗雲が立ち込めてきたような気がしてならない。

 先月のソフトバンク戦で初登板し、継投によるノーヒットノーランを達成した時は、サンデーモーニングのレギュラーコメンテーターで野球評論家の張本勲氏は山口に「あっぱれ」をあげていたが、今回は間違いなく「喝」が与えられるだろう。

 山口には、球団のためにもファンのためにも、いち早く謝罪会見を行ってほしいところだ。

広島の勢いは今後も続くのか

 プロ野球はセパ両リーグともに半分以上の試合が終わり、今週末のオールスターを前にして、昨日9日の全試合終了時点でセリーグは広島が2位阪神に8.5ゲーム差をつけて連覇に向けて独走態勢に入り、パリーグ楽天ソフトバンクの熾烈な首位争いが繰り広げられている。

 セリーグで特に頑張ってほしいのは現在最下位のヤクルトだ。チームは現在7連敗で、ついには真中監督まで「真中辞めろ!、責任取れ!」などとファンから野次を浴びる事態になってしまった。

 特に広島との神宮での3連戦、抑えの秋吉の故障離脱で急遽ストッパーを務めることになった新守護神小川が昨日9日と7日の最終回に登板したものの、7日は代打新井に逆転3ランを浴びて5点差をひっくり返されれば、昨日もピンチを招き、再び新井を迎えたところで、真中監督をはじめ選手らがマウンドに駆け寄って落ち着くよう声をかけたものの、またしてもタイムリーを打たれて同点にされてしまったのであった。

 ライアンこと小川泰弘はプロ5年目で、初めてのリリーフだから無理もなかったかもしれないが、勝ち試合を2度も逃してしまったのは大きいだろう。特に7日の5点差をひっくり返された試合はショックが大きかったはずだ。

 おまけに運が悪いことに、大体月曜日は試合がないわけだが、今日からは東京ドームで巨人との3連戦だ。ヤクルトとしては負の連鎖を断ち切るために今日は休みたかっただろう。

 週刊ベースボール先週号で、広島や巨人のOBの川口和久氏が言うには、広島の独走を食い止めるために、5球団は昔の巨人相手みたいに、いい投手を全部広島に当てるローテにしてなんとか引きずりおろしてほしいと言っている一方で、今はCSがあるから、広島は仕方ないでほかに当てるのもチームの作戦だから文句は言えないけど、やっぱり強いチームに食らいついて優勝を目指すべきだとも述べている。

 確かにあと60試合ぐらいあるが、優勝は広島に譲ってあきらめてCS出場を目指すのか、あるいは川口氏が言うように、打倒広島でチームを優勝争いに持っていくかは各チーム事情によるだろう。

 既にシーズンは後半戦に突入しているが、セリーグはこのまま広島が独走してしまうのか、あるいは96年や2008年の時の巨人のようなメークドラマがあるのか、方やパリーグ楽天ソフトバンクの一騎打ちが続くのか、あるいは現在3位の西武が食い込んでくるのか、今後も目が離せないところである。