読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォースポーツライターの日米プロ野球コラム

国内のプロ野球からメジャーリーグについてまで盛り沢山!

落合の中日監督復帰は二度とないのか?

 中日ドラゴンズの監督を8年務め、チームをリーグ優勝4回、2007年には53年ぶりの日本一に導いたあの名将落合博満氏のカムバックはもうないのか。今年の1月を以てゼネラルマネージャー(GM)も退任されられ、完全にドラゴンズを去ってしまったが、依然チームは低迷状態が続いている。

 2012年に落合の後を受け継いで就任したのが高木守道氏だ。2012年こそチームは2位だったが、2年目はBクラスだった。その後、谷繁元信氏(捕手)が選手兼任として監督に就任したが、例年Bクラスで、昨年シーズン途中で解任されてしまったわけである。終わってみれば昨年は19年ぶりの最下位だった。

 今シーズンから監督に就任したのは、ヘッドコーチとして谷繁前監督を支えてきた森繁和だが、今日24日現在チームは最下位で、下馬評通りだ。

 落合元監督の野球といえば、打線が打てなくても、相手のミスで1点取ったら、その1点を最後まで守りきって勝ちにいくことに徹底していた。試合に勝つことが最大のファンサービスだとも本人は言っている。現にチームを4回リーグ優勝に導いており、当時の中日は常勝軍団と言われ、まさに黄金期だったわけである。

 そもそも野球というのは、ピッチャーとキャッチャーとで組むバッテリーがしっかりしていれば、進塁を許すことはないはずである。たとえ一人ランナーを出してしまっても、生還させなければいいわけであって、四死球を与えたり、エラーするようなこともせず、ヒットやホームランも打たれなければ、失点を許すことはないはずである。落合野球とは、そういった守備を徹底した野球で勝ち抜いてきたわけである。

 試合に勝つという結果が全てと落合本人は言っているが、こういった野球は面白くないと苦言を呈する人達の声が高まり、球団史上初の連覇を成し遂げたにもかかわらず、その年の2011年オフには、球団は落合との再契約を結ばず、後任に高木守道が就任したわけであり、その落合は2014年にはGMに抜擢されたものの、自身が監督に推薦した谷繁が成果を上げられず、今年の1月を以てそのGMの座からも退くはめになったわけだ。

 落合といえば出身は秋田県で、現役時代はロッテ、中日、巨人、日本ハムでプレーしており、ロッテ時代には史上最年少で3冠王を3回達成していることで有名だ。現役時代も監督時代も実績のある落合だが、中日ドラゴンズの監督復帰は二度とない話なのか。チームは4年連続Bクラス、今年も最下位が予想されているが、こういった暗黒時代が長く続けば、「やっぱり落合しかいない」といった落合待望論が地元名古屋をはじめ、全国のドラゴンズファンの間で沸き起こっても不思議ではないと思うのだが。